日本学校教育学会著作権ポリシー

日本学校教育学会著作権ポリシー

 1.学会機関誌『学校教育研究』掲載の論文等(特集論文、自由研究論文、実践的研究論文、研究大会の概要、研究余滴、図書紹介等)、および学会あるいは学会の委員会、学会において設置されたグループ等による著作物について

(1)著作権(著作権法第21条から第28条に規定されている全ての権利を含む。以下同様。)は、学会に帰属するものとする。

(2)学術目的等での利用は、次の条件において学会への許諾申請を必要とせずに認める。

・著作者自身による学術目的等での利用(編集著作物への転載、複製、頒布等を含む)であること。

・出典(論文誌名、巻号頁、出版年、以下同様。)を記載すること。

(3)公衆送信は、次の条件において学会への許諾申請を必要とせずに認める。

・著作者個人のwebサイトおよび著作者が所属する機関のリポジトリであること。

・刊行後1年を経過していること。刊行後1年以内の場合には許諾しない

・出典を記載すること。

(4)第三者から論文等の複製、翻訳、公衆送信等の許諾申請があった場合には、著作者の意向を尊重しつつ、常任理事会が許諾の決定を行うものとする。

 

2.研究大会の発表要旨(要旨集に掲載された著作物)について

(1)著作権は著作者に帰属するものとする。

(2)著作物の複製、公衆送信、頒布等を行おうとする者は、著作者の許諾を得るものとする。

 

3.学会ニュースについて

(1)著作権は学会に帰属するものとする。

(2)著作物の複製、公衆送信、頒布等を行おうとする者は、学会の許諾を得るものとする。

最近の記事

カテゴリー